大腸内視鏡検査

検査方針

 大腸内視鏡検査は、一般的に「大腸カメラ」と呼ばれる検査です。当クリニックでは、下剤による前処置をリラックスできるご家庭でお済ませいただくことで、はじめての方でも安心して受けられる検査・ご負担を最小限にした検査を心がけております。

検査前日までの流れ

ご予約
初診・再診に関わらず、ご予約には診察が必要です。
ご来院の際、受付で「大腸内視鏡検査予約希望」とお知らせください。
その後、以下の流れでご案内となります。

  問診票記入 → 診察 → 会計にて検査日*のご予約 → 前処置の説明

*検査日は、以下①②の条件を満たすお日にちでのご予約になります。
 ①前日に食事制限ができる
 ②(ポリープ切除を前提とし)検査後1週間、食事および行動制限ができる


検査1週間前~前日まで
一週間、毎日お通じがある状態にしてください。
(便秘が気になる方には、ご予約時、便秘薬も処方しております)

検査前日
前処置として、朝・昼・晩に指定の検査食を召し上がっていただきます。
夜8時頃になりましたら、下剤(一錠)を服用していきます。

検査当日の流れ

ご自宅にて
大腸をきれいにするための洗腸水を指定の手順で飲み始めます。
(洗腸水を飲んでいる間は決してひとりっきりにならないように、ご家族や他の方が側にいる環境で服用を開始してください)
その後、何度かトイレに通って便の状態の変化を確認していただきます。


ご来院
保険証・お薬手帳・診察券・問診票(検査当日用)をお持ちください。
時間は、当日、看護士がお電話でご連絡いたします。

!!!ご注意ください!!!
検査では軽い安定剤を使用します。終日、ご自身で運転するもの(車・自転車・バイク)には乗れません。公共交通機関をご利用の上、ご来院ください。


検査室にて
検査着に着替えます。
ベッドに横になっていただき、軽い安定剤の静脈注射をします。
検査は15分くらいで終わります。
ポリープが見つかった場合は、この時点での処置になります。

検査後
別のベッドに移動して、1時間ほど休んでいただきます。その後、内視鏡の写真を見せながら、検査の結果を説明いたします。

ご注意

 検査では軽い安定剤を使用します。安定剤使用後は、終日、ご自身で運転するもの(車・自転車・オートバイ等)には乗れません。自転車を押して帰る等の行為もできなくなります。検査当日は、公共交通機関をご利用ください。

よくあるお問い合わせ(FAQ)